投資上級者に聞く気になるリスクの回避方法とは?

利益を出すのはコツコツ、損を出すのは一瞬

投資をする上でリスクはつきものですが、回避する方法を常に持っていることが大事です。利益はコツコツと出していけるものですが、損を出すのは一瞬で十分だからです。リスクを回避する方法として有効なのは欲を出しすぎないということでしょう。上げ相場だからもっと利益が出るはずだという幻想を抱いていると、いつの間にか損をしていることもあるのが投資です。利益は出ているうちに確定させます。確定させた後で、また投資をするかを考えるのです。一旦投資を終了させているので、その時には損をする可能性を考慮するだけの心の余裕を持てます。利益は確定することが大事ですし、損はすぐに損切りをすることが大事です。損をしているものをいつまでも持っていてもいいことはありません。損を出したのなら、すぐに切りましょう。リスクはカットしておかないとどんどん増える可能性があります。

触らぬ神に祟りなしの法則

リスクを回避する方法で一番大事なのが、分からないときには決して触らないことです。相場が不透明だったり、自分の投資スタイルでは対処できないときなどに無理に投資する必要はないのです。そのようなときはゆっくり休むという気持ちをもって静観しましょう。得意な分野や状況で勝負できるのが投資のいいところです。そのような状況になるまで待てばいいのです。無理に投資しても損を被るだけですので、そのようなときは触らないのが一番です。状況の変化を見守って、状況が変わったら投資しましょう。得意な分野以外で勝負をすると大体失敗してしまいます。状況を作り出すことはできませんが、状況を待つことはできます。我慢強く待つことは投資をする上で大事な要素です。

信用取引の保証金は、売買代金の30%以上の金額が必要になります。信用取引を行うと手数料の他にも金利、貸株料、品貸量、信用管理費、名義書換料がかかることもあります。

© Copyright Merit Of Margin Trading. All Rights Reserved.